2018年09月13日

姫路キャッスルグランヴィリオホテル【華楽の湯(^^♪1泊朝食+岩盤浴付5850 円】

IMG_3912.JPG

姫路城がリニューアルされたという話を聞いて姫路城を一目見てみようと、姫路城に近いホテルに宿泊する予定を立てた。迷った挙句、ルートインホテルズの姫路キャッスルグランヴィリオホテルに決めた。決め手は自転車を使えば姫路城に近いこと、スパ施設もあり、食事も豪華なこと。利用したプランは、一泊朝食付き、岩盤浴無料体験プランで5850 円(消費税込)。


IMG_3910.JPG

本館と別館練が通路で通じている。

IMG_3909.JPG

別館練。結婚式場などがある。

IMG_3913.JPG

IMG_3891.JPG

駐車場。宿泊者は無料。

IMG_3894.JPG

IMG_3896.JPG

入口。

IMG_3902.JPG

ロビー。

IMG_4038.JPG

ネット。


IMG_3900.JPG

折り紙。

IMG_3901.JPG

レンタサイクル。車に積んできた自転車で姫路城に行くつもりだったけど。
これで姫路城に行こう。籠に宣伝が付いているの恥ずかしいけどw

IMG_3947.JPG


久々に見た姫路城の雄姿。ニュースでは真っ白だったけど、多少色が付いている感じ⇒こちら

IMG_3987.JPG

ホテルの受付。

IMG_3958.JPG

自販機エリア。

IMG_3959.JPG

カップ麺。

IMG_3960.JPG

アイスクリーム。

IMG_3956.JPG

ウェルカムドリンク。お茶。

IMG_3962.JPG

浴衣レンタル。

IMG_4037.JPG

IMG_4056.JPG

朝食バイキングの案内。力を入れている感じで期待が持てる。


IMG_3989.JPG

ランチの案内。

IMG_3963.JPG

シャトルバスの案内。

IMG_3964.JPG

スパ施設の案内。宿泊者は自由に利用できる。

IMG_4035.JPG

別館では結婚式もやっている模様。


IMG_4059.JPG

別館ロビー。

IMG_4034.JPG

マッサージチェア。


IMG_3966.JPG

喫煙所。

IMG_3967.JPG

廊下。

IMG_3968.JPG

IMG_3969.JPG

シングルルーム。予想通り狭い。ルートインホテルっぽく何処となく高級感がある。


IMG_3970.JPG

テレビは大画面。

IMG_3973.JPG

館内着。

IMG_3972.JPG

万能携帯充電器。

IMG_3975.JPG

IMG_3986.JPG


壁の絵も独特。

IMG_3977.JPG

使い捨てスリッパ。

IMG_3978.JPG

冷蔵庫。

IMG_3981.JPG

ドライヤー。

IMG_3980.JPG

館内のあれこれ。

IMG_3982.JPG

ファブリーズ。


IMG_3983.JPG

関係ないけど12%のチューハイなんてものがあるんですね。サンガリアは奇天烈なドリンクを生み出す天才だわ。缶チューハイのアルコール度数がどんどんあがっているから、そのうち12%も珍しくなくなる時代がやってくると思いますよ。



IMG_3985.JPG

アメニティー。

IMG_3971.JPG

窓の外にJAが見える。


IMG_4058.JPG

宿泊者用のタオル袋。重宝する。


姫路キャッスルグランヴィリオホテル 朝食バイキングレポート⇒こちら
姫路キャッスルグランヴィリオホテル 大浴場レポート⇒こちら
岩盤浴が無料のホテル⇒こちら




総論:娯楽施設は健康ランドがある練に集中している。漫画やゲーム、カラオケなどがそろっている。特に漫画の充実度が高く、約総冊数:16,150点(内、コミック:15,600冊)の漫画、絵本を揃えたコミックコーナーは圧巻。朝食バイキングはビジネスホテルの朝食としては完成度高い。肝心の温浴施設は思った以上にこじんまりしていますね。大浴場並びに岩盤浴は出来立てホヤホヤのような綺麗さに感激。姫路駅の反対側に姫路城があり、思った以上に姫路城から遠かったけど、姫路城観光としては申し分ないホテル。


総合:★★★★☆ 漫画が豊富で漫画好きには嬉しい。スパや岩盤浴が綺麗。周囲にコンビニはないけど、少し歩けばマックスバリューがあり重宝する
珍 :★★☆☆☆ コミック:15,600冊
安 :★★★★☆ 素泊まり2,833円〜
朝食:★★★★☆ ルートインホテルの朝食は安心感がある。ワンランク上のビジネスホテルの朝食
魅力:朝食バイキング。岩盤浴。スパ。漫画




posted by 珍スポット at 18:00| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: