2015年05月27日

那須モンゴリアビレッジ テンゲル【一泊¥5,092〜 モンゴルの移動式住居に宿泊!】

IMG_8783.JPG

モンゴルの遊牧民が使用しているテント「テンゲル」を使用したコテージに宿泊したくて、栃木県・那須の那須モンゴリアビレッジ テンゲルに宿泊してきました。安っぽいテントかな?と思ったらとんでもなく頑丈で、ビニールのコテージ。内部も広くて快適でした(^^

IMG_8778.JPG

メインの施設。

IMG_8779.JPG

こんなのもある。

IMG_8780.JPG

受付。

IMG_8781.JPG

みやげ物屋。モンゴルっぽいのを販売。

IMG_8782.JPG

モンゴルっぽい本や漫画が借りられる。要返却。



IMG_8784.JPG

部屋の中にはバストイレなし。本館に温泉。トイレはそこいらに置かれてます。綺麗なので安心。



IMG_8787.JPG

ビニールの感じがNASAっぽいですなw

IMG_8788.JPG

周辺は何もない感じなんですが、本館の近くにアルコールの自販機があり酒飲みには重宝する。

IMG_8894.JPG


IMG_8895.JPG

夕食は、塩原の大江戸温泉かもしか荘で。帰ってきたら夕方。

IMG_8851.JPG

IMG_8852.JPG



ゲルの内部は4つのベッドが敷かれていて真ん中にテーブル。

IMG_8855.JPG

IMG_8853.JPG

天井はこんな感じ。

IMG_8856.JPG

エアコン、テレビ、空気清浄機、冷蔵庫。一通りそろっている。夜中真っ暗になる時間帯があるので、それ用の手動式懐中電灯もあり。

IMG_8857.JPG

IMG_8858.JPG

やっぱり夜中のほうが雰囲気あります。ちなみにテンゲルの総数は26程度。

IMG_8923.JPG


IMG_8859.JPG

夕食の時間。一泊朝食付きプランのため関係なし。ただし、19:30にはモンゴルの伝統的な楽器「馬頭琴」のコンサート。一度に2つの音を出す脅威の歌唱法ホーメイって? 

夕食食べないのに夕食会場に行くのも気が引けるし、面倒だから行かなかったけど。


本館の温泉。入り口前にモンゴル戦闘服。

IMG_8861.JPG

IMG_8866.JPG

IMG_8865.JPG

岩の内風呂。

IMG_8867.JPG

露天風呂。

IMG_8868.JPG

綺麗な光の演出。

IMG_8889.JPG

ガイガーカウンターがあるので放射能数値を測ってみると、テンゲル内は平均0.13マイクロシーベルト程度。

那須モンゴリアビレッジ テンゲル 朝食バイキングレポート⇒こちら

総論:モンゴルのテントに最初はビックリしたのですが、あっという間に慣れてきた。ゲルのつくりがしっかりしているので、テントというよりもコテージと言う印象。電源のコンセントは沢山あるので不自由することはないです。温泉は内風呂2つに露天風呂。露天風呂は蛍光の電飾で夜中綺麗。朝食は羊の肉が出て個性的だった。

モンゴリアビレッジまで自分のカーナビではたどり着けなかった。変な場所に案内されたので、もしも場所がわからなくなった場合、21号線に沿って車を走らすと車道沿いに那須モンゴリアビレッジがあるのでわかると思います。

那須モンゴリアビレッジ テンゲル 朝食バイキング⇒こちら

お勧め :★★★★☆ 朝食で1000円程度、夕食だと価格がぐんと跳ね上がるけど、日本広しといえどモンゴルテントに泊まれる場所はここだけかと。
珍    :★★★★☆ モンゴルづくし
安    :★★☆☆☆ 素泊まりと朝食付きは安い
朝食  :★★★☆☆ 羊肉がでる
魅力  :人数が多くても少なくても4つのベッドがあるコテージに案内される。室内は思った以上に広く、作りがしっかりしている。温泉の泉質が良かった。モンゴルグッズを見るだけで楽しい





栃木県那須郡那須町高久丙1577−9

posted by 珍スポット at 08:00| 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする